読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変わりゆく時代の中でも変わらないでよ

kento
映画銀の匙観てきました。
特にネタバレはしませんが、すごく気持ちのいい映画でした。
番宣や舞台挨拶レポ等を見ていても現場の雰囲気のよさが伝わってきて、それが映画からも伝わってきました。

けんとくんの19歳の夏をこんな素敵な映画で切り取ってもらえるなんてとても嬉しい。
こんな素敵な映画にけんとくんが主演に抜擢されたことが嬉しい。
前のめりにならなくてもお茶の間でいろんなけんとくんがたのしめることが嬉しい。

わたしは満足してしまいました。
もちろんけんとくんにはもっともっと、てっぺんを目指して頑張ってほしいです。例えば映画なら映画誌の表紙を全部飾って本屋で驚きたい。

だけど、わたし自身はなんだか満足してしまった。
とはいってもコンサートは行くしオタ卒は無理なんだけどね。
それでも前よりもゆるーく応援しようかなっておもってます。

誕生日エントリには、けんとくんを囲む光や歓声でいたいって書いたけど、いまはなんだかちがう。
わたしが見ていても見ていなくても勝手に輝いていてほしいです。ほしいっていうか輝いてるよね。
こんなことを言うまでもなくけんとくんはいつでも眩しいほどに輝いている。

そんなけんとくんが大好き。絶対一生大好き。それはわかる。

以上、何が言いたいのかよく分からないけど一応ゆるおた宣言です(笑)
まぁ露出ラッシュが終わったらどうなるかわかんないなーなんてね〜。