読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sexy Zone Spring Tour Sexy Second

オーラスに行ってまいりました。
たのしい感想はここにはないです。
 
 
 

 

去年は受験生だったこともあり、わたしにとってはほぼ一年ぶりのコンサートでした。
事前のレポやアルバム発売に伴ういろんなインタビューで、あぁセクゾンはいますっごくいい状態なんだな、よかったなと、去年のリアセクあたりの最悪な時期を振り返りながら、思っていたんです。これでちょっとは安心して応援できるなって。
でも違った。
オープニングからセクゾンではないグループのメンバーとして紹介され、上3人とは別々に出てくる聡マリ。
最後に捌けるときも別々。
大阪名古屋はそんなことなかったって聞いて、少しほっとしたのと、なんで収録の日にこんな風にしたのだろうって悔しいのと。
 
聡マリの活躍の場が増えて嬉しい…かもしれないけれど。
グループ内格差は許容範囲。売れるひとを前に出すのは当たり前だろうし。
でもセクゾンは「グループ内」ですらないと思う。
どこまでがSexyZoneなのかわからない、なんて分け方はやめてほしい。
SexyZoneとして紹介されるのが3人だけになったらどうしようっていつも不安になる。
SexyZoneは5人で、バックはジャニーズジュニアなんです!
ああもやもやする。
 
もっと何も考えずにたのしみたかったよ〜。悔しい。
こんな時期もあったねって笑いあえる日がはやくくるといいんだけど。