読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きみの答えが正解だよ

しょりソロが始まったというのにまだデート気分から抜け出せない模様…

きっとケンティーガールズは一生正気に戻れないよ重岡くん!

 

 

じめじめと雑感とか。だいたいポエム。

中島健人くん=彼氏♡という大前提のもとお願いします。

 

*1

 

・かおがかわいい

かおがとびっきりかわいいです。べりべりきゅるきゅるキューティーです。プリティーでキュアキュア。おめめきらきら。汗*2もきらきら。

みんながけんとくんのことを見ているのがほんとに嬉しいみたいで終始にっこにこしてた。かわいい。

「みんなが僕を見てる!」いただきました!健人さん今この瞬間誰よりもヒロイン。

 

・セクゾンメドレーについて

レポでしか知らないけど、このメドレーは1日に行われた3人公演でつかったものと同じだったそうで、それは使いまわしというよりもけんとくんが中心となって考えた、と捉えたい。

ただ、どの曲も全力でパフォーマンスしているけんとくんを見ていたら、何とも言えない気もちになってしまいました。初日は予想外すぎて、ショックでそこから先全然楽しめなかったこと、今思うと本当にけんとくんに申し訳ない気持ちでいっぱいです。ごめんね…けんとくんは最高の彼氏だよ><

どうして戸惑ったかというと、まさかセクゾンの曲をこんなにやるなんて全く思ってもいなかったことと、セクゾンのうまくいかないこの現状を忘れてけんとくんかっこいい♡ってことだけを感じたかったから。でも、そんな甘っちょろい考えは通用しませんでした。じたんは意外とスパルタかれぴ♡けんとくんは紛れもなくSexy Zone中島健人だということを否応なく思い出させるコンサート。

わたしはたまアリから現場に行ってなかったから想像だけなんだけど、わたしの時が止まっている間ももちろんけんとくんは前だけを見て進んできたはず。そのなかでFamily体制への反発とかもろもろがあって、それでも雑な仕事をしているけんとくんは見たことがなかったけれど、きっとおもうところはたくさんあったのだろう。どんな状況にあっても全力の笑顔をお届けしてくれるじたん銀河一かっこいいよぉウッウッ…と危ない、放っとくとすぐ銀河一モードに突入しちゃうから。大気圏を突き抜けてファラウェイしちゃうから。

そんな中で、自分好みの曲だけをやっていいソロコンでかなりの尺をこのメドレーにつかったけんとくんの気持ちとは…

真意がわかることは少なくとも当分はないだろうけど、みんなセクゾンの曲だいすきでしょ?たのしいでしょ?思い出して?ってことだったんじゃないかなあと。打っても響かなかったファンがSexy Zoneの曲で楽しんでるところを見たかった、Sexy Zone中島健人として。

挨拶でも、Sexy Zoneのメンバーであることをしっかり主張していたのが印象的で、おたくがどんなに喚いたところでこのひとはちゃんと自分のグループに誇りをもっているのだなって感じました。もう、絶対離れない><ディアハイヒールの歌詞が勝手に沁みるんですよ…困ったな…

 

薔薇色の日々にて

Sexy Zoneの曲もたくさん歌えてよかった!

あのメドレーすごくやりたくてさ。

俺を成長させてくれた曲達だから。」

ああもう、すきだなあ。

 

・徹底した「コンサートはデート」「ここにいるみんなが彼女」発言

開演の17時からデートだから、17時1分に始まったら遅刻になっちゃう。遅れないように16時50分には楽屋を出ました!と報告するけんとくんがもうかわいすぎてかわいすぎて会場めろめろ。彼女たち、とびっきりかわいい彼氏にめろめろ。

 

 

*3

*4

2日目からお約束になっていた、今日はデートだから○○してあげる♡シリーズ。

 

 このほかにも随所に散りばめられる「デート」要素。

最後の挨拶でも「今日は楽しいデートをありがとう」と徹底されていました。

今日はデートですって聞いたときは、最初はいくら自担に甘いケントガールズだって、まーたそんなこと言ってwwって感じだったんですよ?それが次第に本気で健人の彼女になっていくんだからけんとくんはすごいです。

大真面目に、そして最大限の愛情をもって「彼女」と言ってくれるけんとくんは最高の彼氏で最高のアイドルだよ!

 

・コンセプト

今回のソロコンは「Love Ken TV」というタイトルからも分かるように、TV showがテーマだったはずで、本人もMCにてアメリカやイギリスのようないろんな人が出ているテレビ番組*5みたいにいろんなことをやりたいからミニドラマ*6があったり。

コンセプトガチガチな感じをなんとなく想像していたのだけど、そうではなくていろんなものをポンポンポンと見せてくれた。おもちゃ箱みたいな。

かっこいいけんとくんも、かわいいけんとくんも、儚いけんとくんも、おちゃめなけんとくんも、地味で眼鏡なけんとくんも、エロいけんとくんも、Sexy Zoneのけんとくんも、私たちの彼氏のけんとくんも、汗だくのけんとくんも、ブローして頭がふわっとまんまるのけんとくんも、全部全部大好きだった。ありがとう。

愛のコンサートでした。

 

 

まとめ

とにかく、ソロコンではことあるごとに愛をほしがるけんとくんが少しでも喜んでくれたらいいなって、それが一番でした。

初日のMCなんてもう、あのけんとくんが彼女たちのめろめろビームに照れちゃって照れちゃってすっっっっっっっっごいかわいかったんだから…ほんとにもう…

みんながけんとくんのことを見てるっていうことがちゃんと伝わって本当にうれしかったです。チームケンティーガールズ最高だよ!!

それからもちろんけんとくんからの愛もビシバシ感じたよ~~♡

けんとくんの代名詞でもある「甘いセリフ」はキャッチ―さといじりやすさでよく内外でネタにされ、それが彼の上へ行くための武器であると認識していたけれど、けんとくんはジュニア時代からずっと変わらない「ファンを喜ばせたい」、その一心で言ってくれてるということがわかった4日間でした。けんとくんは大真面目にファンは彼女だと言ってくれて、ファンもどんどんけんとくんにめろめろになって、最終日のTLは止まない彼氏自慢がひどかったんだから…(笑)

けんとくんによる、けんとくんとけんとくんのファンのためのコンサートLove Ken TV。

これ以上ないくらいの愛で溢れた空間でした。

中島健人くん、本当に本当にありがとう。そしてお疲れさまでした。

けんとくんに出会えてよかった。だいすきです。

せーの!LOVE!ケン!ティーヴィ~~~~~!!!!!!!

*1:8月26日追記

*2:汗は俺の武器!byけんと

*3:自分のファンが自分に似てくる現象を卒論テーマにしようかな、本を書きたいなとも言っていた

*4:けんとくん、おたくはそれを担タレといいます

*5:One Directionのことをちらっと言ってた

*6:脚本全部俺が書きました!(どや!)