ときめきメリーゴーランド

ジャニーズアイドルには様々なひとがいるが無理やり2種類に分けるとすれば、わたしなら「思い切りかっこつけるひと」と「意図的にかっこつけてるようにはみえないけれどなんだかかっこいいひと」*1に分類する。

わたしの好みとしては断然前者のアイドルで、担当の中島健人くんも前者だと思っている。

 

以下自分語りが続く。

 

わたしのジャニーズデビューは、中学生のときにハマった嵐。櫻井くんのことが一番好きで「担当」だったけれど、初めの頃は潤くんと櫻井くん、どちらを一番にするか迷っていた。なぜこのふたりで迷っていたのかというと、どちらも顔が好みだったからだ。入口は顔。そうして初めて見たコンサートのDVD*2で、潤くんのサングラスをかけたり囁いたりジャケットを脱いだりする、そういう「かっこつけ方」に耐えられなかったわたしは櫻井くんを選んだ。

じゃあ櫻井くんは「かっこつけ」ていないのかという点は置いといて、当時のわたしは潤くんのようにかっこつけることをよしとしなかったのだ。

そういった価値観は、小中学校で植え付けられたように思う。かっこつけることはダサい。ほかにも、好きな色=ピンクはぶりっこ、だとか。

だから、ピンクとかサンリオとかリボンとかいったものたちを好きかどうかなんて考えることもなく、「好きになるはずがないもの」としてスルーしてきた。

中学生になってしばらく経つと、周りと合わないなと思うことが増えてきた。ほんとは小学校高学年くらいから感じていたけど気付かないふりをしてきたものが、一度気付いてしまうとどんどん大きくなり耐えられなくなっていく。周りの空気も、その空気を読んできた自分も嫌になった。さっさと卒業してしまいたかった。初めての受験で同じ中学のひとがひとりもいない第一志望の高校にはいることができて、学校が楽しいと思えた。わたしの高校は変なカーストやグループもなくて、むしろ浮いたもの勝ちみたいな空気があったので、小中のあいだに捕らわれていた価値観から抜け出すことができたように思う。

そんな高校1年生の秋、Sexy Zoneがデビューした。薔薇を持った男の子たちが「地球はいつでもまわってる」と歌っているだけでおもしろい。しかも「Mildも地球の裏側じゃWildになる」らしい。極め付けは「Sexy Rose…」のささやき。おもしろい、おもしろすぎるぞSexy Zone!!そんなSexy Zoneのデビュー曲は友人とのネタで度々使われた。ネタにとどまらずなぜ今も彼らから抜け出せなくなってしまったか。それは、同じく嵐が好きだった友人と冷やかし半分でSexy Zoneのファーストコンサートに行ってしまったからである。

そして出会った中島健人くん。わたしの価値観をものすごい勢いで変えてしまったひと。健人くんがもう、ほんとにほんとにほんとにほんとに!!!!!!かっこよくて衝撃を受けた。間違いなく世界で一番かっこいいひとだと思った。彼は「王道アイドル」「王子様」などと称されることが多い*3、「かっこつける」ことをいとわないタイプで、そういうアイドルはあまり好きではなかったはずだったのに。

雷に打たれてわたしは頭がおかしくなったのかな?という勢いで健人くんにハマっていき、Marching J、運動会、アリーナコンサート、ドラマ、レギュラー番組、ラジオなど怒涛の日々を過ごし、あっという間にセカンドシングルLadyダイヤモンド発売。この曲のPVがとにかくかわいい。

f:id:stargazerr:20151013220101j:plain

 

ピンクのスパンコールが散りばめられた衣装を纏ったSexy Zoneがテーマパークを模したセットで動物やピエロになったジュニアたちと踊るメルヘンでファンタジーなPVに心を奪われた。

でも、こういうピンクでキラキラごてごてしたもの、わたし好きだったっけ?

そう、「好き」かどうかなんて考えたこともなかったんだ。

こうしてわたしはきらきらしたものを求めるようになっていった。

 

stargazerr.hatenablog.com

 

前回こんな記事を書いたが、わたしが「ジャニオタ」にあこがれを抱くようになったのもこういった経緯があったというわけだ。

 

 

Sexy Zoneとふわふわきらきらしたジャニオタたちに背中を押され、現在20歳の女子大生になったわたしはマイメロやキキララなどのサンリオキャラをはじめとした「おんなのこらしいもの」に目がない。好きになるジャニーズは、思い切りかっこつけるひとばかり。

それは小中学生時代に、ピンクを無視した自分や嵐の中から潤くんを選べなかった自分への反抗なのかもしれない。*4

あの頃のわたしとは違うと思いたくて、そういうものが好きだと思い込んでるという可能性も否定はできないけれど、それでも好きなものが広がった、それはつまり世界が広がったということだと思う。わたしの世界を輝かせてくれた健人くんとSexy Zoneにありがとうって言いたい。

 

 

*1:こちらのほうがリア恋になりやすいのでは?と思っている

*2:Time

*3:健人くんが「王道」かどうかは別として

*4:もちろん櫻井くんを担当していた過去を否定するわけではない